• 2012年08月02日登録記事

タイトル通り、難しいです。何せ担当者次第と言うところもあります。

7月頭に、イーストタワー体験版とアキオ編、英語と日本語(全部4あぷり)を同時に提出しましたが、まさか審査に通ったのは英語版のアキオ編のみ。

日本語版のアキオ編は駄目でした。まったく内容が同じで、言語を変えただけだったのに。なぜかと言うと、日本語版の担当者の話だと「説明にこの作品は体験版だと述べている」>>実は私が書いたのは「この作品とは別にライト版(体験版)がある」で、とりあえず【体験版】の文字のすべてを説明から外して、再度提出すると今度は「COMINGSOON」のボタンがあるからこの作品はまだ完成してない。ちなみにCOMINGSOONというのは現在まだ公開されてないキャラクタールートで、他のアイフォン乙女ゲームを見ると大体この機能がついています。ちなみに英語版にも問題になりませんでした。このボタンはアップデートによって変更できる仕組みになっていますが、どうしてもクリックできないボタンがあると、この作品はまだ完成していないと言うことをアップル側が主張している。ま、しょうがなくそういうボタンを削除して、再度アップ。ちなみにこのやり取りだけで3週間かかりました。

体験版の方はタイトルが「DEMO」または「体験版」だったから駄目だしされました。ちなみにこれは16日間待ってから頂いた返事です。とりあえず全部LITEと言う名前に変更し、再度申請しました。と言うことで、申請だけで1ヶ月ほどかかってしまいました。ぶっちゃけ辛いです。

とりあえず今は英語版だけが販売中となりました。日本語版は2~3週間後に出る審査結果またないといけないのでそうすぐに公開できそうにもない。時間がかかりすぎて本当に泣きたい気持ちでいっぱいです。