やっぱり気になる方もいるでしょう?^^

 

具体的な数は言えませんが、公開された時はやっぱり日本語版のほうがDL数が多かったです。が、しばらく経って、英語版が逆転しました。ちなみに英語版はフィードバックによりいろいろとテキストが改良されて、v1.4になりました。今は英語版のDL数は日本語版の2倍です。正直びっくりしました。なぜならこの英語版は海外OS利用者にはかなり使いづらいです。ウィンドウズの標準言語を「日本語」に変えなければいけない他、Unicode設定を変える必要があります。

 

ちなみにこの間英語版のアドベンチャーゲームなどを制作している方々に声をかけてみたら、どうやら単純なアドベンチャーゲーム(ゲームプレイがあまり複雑にできていないタイプ、単純な選択式のみ)だと女性向け、要するに乙女ゲームでないと売れない(?)らしい。なぜならほとんどの購入者は主婦たちだそうです。(本当かどうかはわかりませんが)。が、試してみたらほとんど育成システムが導入されていますね。どうやらこれはプリメの影響らしいです。

乙女ゲーム専用のサイトもかなり多くみられます。www.otomegames.comのほかに、最近公開されたばかりのwww.otome-games.comがあります。(ハイフンの違いだけですが)。後方のURLは特に有料英語版乙女ゲームを紹介していますので、dUpLicity~嘘の先にあるもの~が出来上がり次第、管理者に頼んで、情報を載せていただきたいと思います。

 

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限